かたやま小児科クリニック

相談外来

相談外来について

一般外来では待ち時間をできるだけ短くするため、医師による指導・相談の時間を十分おとりすることができません。指導・相談の時間をゆっくりととるため、お一人に30分かけてお話ができる相談外来を設けさせていただきました。他院の治療で改善しない長く続く頭痛や腹痛の相談やアレルギー、発達相談などにご利用ください。

相談外来の種類と予約料について

相談外来は原則として保険診療としておこないます。しかし、ゆっくりと時間を確保して相談できるよう、保険診療に伴う診療費自己負担金の他に、厚生労働省に定められた予約に関する特定療養費をお支払いいただくことになります。ただし、当院の都合で予約時間から30分以内に診察を始めなかった場合にはいただきません。また、予約時間にお見えにならない場合も予約料をいただくことになりますので、ご都合が悪くなった場合は、前日までに電話でご連絡いただきますようお願い申し上げます。(現時点では、予約システムからのキャンセルができません)

相談外来(医師)
13時00分~14時00分のうち、お一人30分
医師のみで30分の相談に応じます。
予約料:10800円(消費税8%込み)
相談外来(スタッフ+医師)
14時00分~17時00分のうち、お一人25分
看護師が20分程度の面談をした後、面談内容を引き継ぎ医師が5分程度の相談に応じます。
予約料:1080円(消費税8%込み)

次の方の相談に影響を与えることがあるため、相談時間の厳守にご協力ください。

<< 例 >>

予約の時間が13時00分から13時30分の場合

13時30分までに診察を開始した場合
予約料をいただきます。
患者様のご都合で開始が遅れた場合は、13時30分で相談は終了します。
13時30分までに診察にお見えでない場合
キャンセル料として予約料相当額をいただきます。
13時30分までに当院の都合で診察できなかった場合
予約料はいただきません。

健康保険を利用しない相談について

健康保険を利用せず、自由診療として相談をお受けすることもできます。この場合、相談料として16200円(消費税込み)をお支払いいただくことになります。予約時間にお見えにならない場合も予約料をいただくことになりますので、ご都合が悪くなった場合は、前日までにご連絡いただきますようお願い申し上げます。

健康保険は病気の治療にしか使えませんので、健康保険を利用して継続した子育ての相談をするためには自閉症スペクトラムなど発達障害の診断名が必要になります。発達障害は疾患の幅があり、特性の薄い方ではわずかな配慮のみで日常生活が過ごせることが多いものの、診断名をつけることであたかも困難が生涯に渡って約束されたような誤解を周囲に与えてしまうことがあるのが現状です。

誰もが持っていて病気とは思っていないようなほくろであっても、病院でほくろの相談をすればほくろ(単純性黒子、ないし、母斑細胞性母斑)という病名がつくわけで、患者(病人)という扱いとなるのと同じです。

自由診療として相談をお受けした場合、病名の有無は関係しませんので、より特性に焦点を当てた相談に乗ることができます。病気というほどではないけど困っている、本人は病院に行きたがらないけど困っている、そんな場合には自由診療として相談にお越しください。

<< 自由診療・キャンセル料規定 >>

前日までにキャンセルした場合
キャンセル料はいただきません。
当日予約時間までにキャンセルした場合
相談料の半額をキャンセル料としていただきます。
予約時間までにお見えでない場合
相談料の全額をキャンセル料としていただきます。

診療のご案内

医療関係者の方へ

かたやま小児科クリニック
岡山県津山市山北763-19

【診療時間】

月~土曜日
7:00~17:00

【休診】

日曜日・祝祭日・木曜日午後・土曜日午後

【電話番号】

050-1356-3274